企業情報
ワークスタイル

シグマクシス・グループでは、コラボレーションによる新しい価値創造モデルの実現にむけて、プロフェッショナルが「いつでも、どこでも、誰とでも」コラボレーションを通じた価値創造が可能なワークスタイルを追求しています。

プロフェッショナルを支える環境と仕組み

2008年の創業以来、厳格なセキュリティポリシーに則りデジタルワークプレイス環境を整備しています。社員が自らの価値創造活動に最も適した時間と場所を自由に選べることを目的とし、以下の環境・仕組みを通じて、グループの事業運営に関わるあらゆる分野でデジタルを活用し、オフィス勤務に依存しない事業活動を展開しています。

  • 仕事をする時間と場所は
    「いつでも、どこでも、誰とでも」

    デジタル&モバイル環境

  • 情報も知識も経験も
    全員で共有、全員で成長

    ナレッジ・マネジメントシステム

  • 階層をなくし、役割とチームが
    ネットワーク型で動く

    自律型組織

  • 「経営の可視化」で
    経営のスピードと柔軟性を最大化

    リアルタイム経営管理システム

  • 「費やした時間」ではなく
    「発揮した能力」で人財を評価

    プロフェッショナル人事制度

  • オフィスは事務所ではなく
    コラボレーションで価値創造する場

    フリーアドレス・オフィス

  • デジタル活用を通じた
    生産性と創造性の更なる向上

    各種社内業務の電子化




ワークプレイス

シグマクシス・グループのワークスタイルのコンセプトは、「プロフェッショナル&コラボレーション」。一人一人のプロフェッショナルが、価値創造の時間と場所を自律的に選び、社内外で生き生きとコラボレーションする働き方を大切にしています。本社オフィスは、虎ノ門。2022年にはリニューアルを行い、リモートワークの要素を強化するとともに、時にはリラックスしたり時には集中力を高めたりと、様々な目的で活用できる仕掛けも組み込みました。シグマクシス・グループのワークプレイスは、社内外のプロフェッショナルがデジタル、対面に関わらず集まり、コラボレーションを通じて互いの創造性を刺激し合う価値創造の場として進化を続けています。


エントランス

森をモチーフにしたオフィスのエントランス。木漏れ日や鳥のさえずり、森の香りなど、創造性を刺激する非日常感を演出しています。

入口の大型マルチディスプレイにはシグマクシス・グループ「12のバリュー」の紹介や、四季により変化する風景映像を投影。社員がゲストに向けて簡単なプレゼンテーションを行うなど、用途は多様です。

マーケット

オフィス中央にあるマーケット。エントランスを入るとすぐに繋がるスペースは、人が自然と集まり、様々なコミュニケーションやコラボレーションが生まれる空間です。社員用の新聞雑誌や備品などが置いてあり、季節の花や大型ソファが配された柔らかい雰囲気の中で、ランチやコーヒーブレイクを楽しむ社員も多く見られます。

マーケット階段エリア

各種説明会やナレッジ・シェアリングといった社内イベント、お客様やビジネスパートナーとのミニセッションなどに活用される多目的スペース。天井から降下式の大型スクリーンを使った、ダイナミックなプレゼンテーションも可能です。

執務スペース

完全フリーアドレスの執務スペース。無線LANが引かれ、すべてのテーブルに充電口が設置されているため、社員は自分のノートPCがあれば、どこでも仕事をすることが可能です。スタンダードな角形テーブルに加え、中央に植樹を配した丸テーブルや、スタンディングでも使用可能なハイテーブルなど、その日の気分や目的によって仕事をする場所を選ぶスタイルです。

MONJU

予約なしで使用できる打ち合わせスぺース。囲いの内側はホワイトボードになっているため、ブレインストーミングにも最適です。ネーミングの由来は「3人寄れば文殊の知恵」。

ベンチシート

「今から数人で打ち合わせをしたい」という時によく使われるのが、予約不要のベンチシート。壁際にモニターも備えているため、オンライン参加者とのコミュニケーションも可能です。

Lab(ラボ)

普段は執務スペースとして使われている一角をワークショップや集中討議の場にも活用できるLab。
大型モニター、可動式ホワイトボード、大型テーブルが常設されており、様々な会議スタイルに対応します。

カンファレンスルーム

プロジェクターおよび大型液晶モニターによるマルチスクリーンを常備する会議室。複数のコンテンツを投影しながら高い生産性での会議を実現しています。

ミーティングルーム

小型の会議室。部屋ごとに異なる椅子の色や形、壁紙など、遊び心でも創造性を刺激します。

オンライン会議エリア

遮音性に優れた1人用、2人用のオンライン会議用BOXが並ぶエリア。オフィスでの対面コラボレーションの合間に入る秘匿性の高いオンライン会議や電話会議などに対応しています。

電話ボックス

周りを気にせず、電話で話したい時に利用可能な電話ボックスをオフィスの所々に設置。短時間利用向けのため予約は不要です。

トレーニングルーム

スクール形式で最大約60名が使用可能なトレーニングルーム。主に新卒研修や、社内研修で利用されます。

役員ルーム

会長、社長をはじめとする経営層の執務スペース。個別の部屋は無く、ガラス張りになっていることから「金魚鉢」と呼ばれています。

X-base(クロスベース)原宿

社内外のプロフェッショナル(社員やお客様、ビジネスパートナー)が自由に共創できる環境として2020年にオープンしたカフェスタイルのコラボレーションスペース。
緑に囲まれた開放的な空間は、イノベーション創発の拠点となっています。