Partner募集
Join as Partner
参加申込み
Join as Visitor

Smart Kitchen Summit Japan

2017.8.25

Nagatacho GRID, Tokyo

Mapping the future of food,
cooking & the kitchen.
Let's define the future together.

「食 & 料理×テクノロジー」をテーマに、キッチンの未来を描く一日。フードテック企業、キッチンメーカー、サービスプロバイダー、料理家、起業家、投資家、デザイナー、そしてビジネスクリエーターといった各分野で本領域にパッションを持つプロフェッショナルがあつまり、つながり、発想を組み合わせて、日本の新しいキッチン、そしてライフスタイルをデザインします。

A day to draw the future of the kitchen with the theme of "food & cooking × technology". Various professionals with passion in this space from each field such as food-tech companies, kitchen makers, service providers, chefs, entrepreneurs, investors, designers, and business creators will gather in one place, connect to each other and combine the ideas, We will design Japanese newkitchen and lifestyle

日本初開催となります”Smart Kitchen Summit“は、2015年にUSでスタートしました。
昨年のサミットレポートはこちら:
Smart Kitchen Summit US 2016

NEWS

OVERVIEW

名称 Smart Kitchen Summit Japan
日時 2017年8月25日(金)9:30-20:00(9:00開場)*予定
会場 GRID (6F ATTIC) 東京都千代田区平河町2-5-3
参加資格 本テーマ・領域に強い関心とパッションを持ち、新しいサービスや世界を創りたいと考えている企業・個人の方々。
参加費 早割(7/28まで)/32,000円
一般/40,000円
*Lunch、Networking dinner含む
定員 150名
主催 シグマクシス、Next Market Insights
Title Smart Kitchen Summit Japan
Date Friday 25 August 2017 9:30-20:00(9:00 open)
Venue GRID (6th floor ATTIC)
2-5-3 Hirakawa-Cho, Chiyoda-ku, Tokyo
Who should
join ?
Corporates or individuals who have a passion and strong interest in this space to create a new service and new lifestyle & world
Ticket Early Bird ( Up to July 28 ) 32,000JPY
Standard Ticket 40,000JPY
*Lunch & Networking dinner included
Capacity 150
Organizer SIGMAXYZ Inc. , Next Market Insights

AGENDA

TIME /
CATEGORY
TITLE / TOPIC SPEAKER
9:30
Opening
「Smart Kitchen」とは何か。スマートホーム化が進む欧米では、キッチンにおいてもIoT化が進んでいる。翻って日本では食のイノベーションは食品冷凍技術や物流技術等、キッチン以外で起こってきた。なぜSmart Kitchenが必要なのか?Smart Kitchenは日本人の料理シーンにどんな変化をもたらすものなのか。料理をもっと楽しく、美味しく、安全に、そして健康で幸せな人生をもたらすSmart Kitchenの世界観を紹介する。
What does Smart Kitchen mean ? While Smart Kitchen movement is spreading in US and EU, we will think about the meaning of Smart Kitchen movement for Japan by sharing the latest trend of Smart Kitchen
Next Market Insights CEO / Michael Wolf
9:40
Redefining
Cooking
& Kitchen
Panel日本人の料理行動に見る料理へのこだわりと課題
私たちにとって料理とはどのような活動なのか、その意義は何か?近年では、老若男女問わず料理を楽しむ人が増えた一方で、料理をしたくてもできない人たちにとって料理時間の捻出やスキル不足をどう解消するかが課題となっている。本セッションでは、我々はなにを料理しているのか、料理活動に備わる「創造するちから」、レシピや食材を徹底的に分析することによって見えてくる、料理の「本質」について考え抜く。料理を予防医学の観点から研究する石川氏、食材の機能や和食の本質を言語化することから創造的な料理活動に挑む伊作氏、「カレーのオープンソース化」によってプロではなく個人による料理の進化に挑むカレー料理人と、あらゆる角度から料理の可能性について語るセッション。
What does "cooking" mean to us? This session talks about the redefinition of cooking in terms of power to solve social issues and power to be creative. We will introduce several unique approaches to understand "cooking" and expand our view of "cooking".
シグマクシス Director / 田中 宏隆
予防医学研究者 / 石川善樹
AIR SPICE 代表 / 水野仁輔
コークッキング Co-founder / 伊作太一
Presentationキッチンデザインに見るキッチンの位置づけ
料理する場からコミュニケーションの場へ。キッチンという場はその位置づけが変化しつつある。ライフスタイルの多様化に伴い、どんなキッチンが求められているのか。キッチンデザインのニーズを探る
What is the positioning of kitchen at home from design point of view ? We will take a look at history of kitchen design and evolving lifestyle of Japanese consumer around kitchen.
Johnny Grey Studio / Johnny Grey
LIXIL Designer / 小川裕也
12:00
Lunch
*軽食をご用意しています  
13:00
Technology
& Cooking
PanelRecipe Matters
家庭料理のレシピがデジタル化され、あらゆる家庭料理の知恵がオープンになった。しかし果たして本当に料理の課題は解決されたのか。レシピをいかに分かりやすく伝えるか、レシピデータとキッチン家電をどう融合させていくか、米国スタートアップがレシピで料理の課題を解くその要諦について語る
Recipe Matters: How has a digitalization of recipe impacted on cooking behavior ? Has the digitalized recipe solved key issues for cooking ? We will also cover the latest trend recipe and device integration.
SideChef CEO / Kevin Yu
Hestan Cue Director of Engineering / Jon Jenkins
PresentationWar of Kitchen OS
欧米ではキッチン家電のIoT化においてKitchen OSの覇権争いが激しさを増している。キッチンのプラットフォームを制するのは誰なのか。デファクトスタンダード化の取り組みの最前線を探る
War of Kitchen OS : Kitchen OS is a key missing piece for IoTization where massive war is happening in US and EU market. We will cover the latest trend and forefront battle for defact standardization.
SideChef CEO / Kevin Yu
PanelSmart Kitchen Commerce
料理になくてはならない新鮮な食材。キッチンがネットに繋がるなか、家庭での食材調達はどう進化しようとしているのか。USのSmart Kitchen Commerceを展開するFreshHubの取組みを紹介する
Smart Kitchen Commerce: How the latest kitchen technology impacted fresh food delivery eco-system. We will learn the latest trend in this space through actual business cases.
FresHub CEO / Iri Zohar
PanelService Design in Smart Kitchen
キッチン家電のIoT化は、サービスと融合することでキッチンに新たな価値を提供する。キッチンではどういったサービスデザインが求められているのか、サービスデザインの成功要因に迫る
Service Design in Smart Kitchen: IoTization of Kitchen appliance combined with service will create a new value proposition for Kitchen. We will learn Key Success Factor for Smart Kitchen Tech service design
PicoBrew CTO / Avi Geiger
15:30
Innovators
Trend
Show CaseStart-upが挑むキッチンイノベーション:
国内外のSmart Kitchen領域での価値創造に挑むスタートアップをご紹介。
Kitchen Innovation by Start-ups:Unique start-ups in smart kicthen space will share their visions and businesses. This event is featured by Oisix.
Oisix社 提供
スタートアップ各社
Panelキッチン家電メーカーが挑むキッチンイノベーション
大手キッチン家電メーカーはSmart Kitchen領域でどのようなイノベーションを引き起こそうとしているのか。日本人の料理活動を支えてきた大手メーカーが考えるキッチンの未来とは?
Kitchen innovation by Kitchen appliance companies : What kind of kitchen innovation are large CE companies pursuing ? What are their future perspectives and challenges in this space ?
調整中
17:20
Future
Perspective
Presentation料理で解決出来る社会問題をデザイン思考で考える
我々が料理をし続けていく意義はどこにあるのか。実は料理は社会課題解決のツールでもあるのではないか。料理が解決しうる社会課題を可視化すると見えてくることとは?
What is the point to continue "home-cooking" in our lives? In fact, "Cooking" has the power to solve various social issues. This session talks about the relations between cooking and social issues.
クックパッド ブランディング・広報担当本部長 / 小竹貴子
Biotope / 佐宗邦威
Panel日本におけるこれからのSmart Kitchenとは
日本におけるSmart Kitchenのありかたを考える。これからの10年で料理はどう変わるのか(世代構造の変化、テクノロジーの進化)。日本の料理シーンにおける課題は今後どう深刻化していくか。それに向けて我々はどのようにテクノロジーを活用してエコシステムで課題解決に取り組んでいけるのか。日本の食をもっと豊かにしていくために我々は何ができるのか。日本におけるSmart Kitchenエコシステム(次世代クッキング)の共創をどのように進めていけるのかを議論する
Future Smart Kitchen in Japan: Lastly we will discuss future vision of smart kitchen. How cooking and its related issues will evolve in the next 10 years ? We will talk about how we should / could create smart kicthen ecosystem together.
調整中
18:20
Closing
今後のスマートキッチン関連コミュニティーの活動について
Closing remark and next step
シグマクシスDirector / 田中 宏隆
Next Market Insights CEO/Michael Wolf
18:30
Networking
ネットワークイベント
*お飲物、軽食をご用意しています
Networking event (light meals and drinks served)
 

※全セッション同時通訳対応を予定 Simultaneous interpretation will be provided for all sessions
※アジェンダ内容は予告なく変更する場合があります Agenda & contents may be changed without any notice

SPEAKERS

Michael Wolf

Michael WolfCEO / Next Market Insights

「Smart Kitchen Summit」の発案者。コネクテッドホームの研究及び助言を行うネクストマーケット・インサイツ (NextMarket Insights)の創始者である。
Wolf氏は15年以上にわたり、コネクテッドホーム、コンシューマー・テクノロジー、IoTといった市場を中心に、多くの企業のアドバイザリーとして活動して来た。近年はさらに、当分野における製品開発、市場戦略、マーケティング:広告、M&A等、顧客支援の範囲を広げている。
こうした活動を通じ、テクノロジーが料理、食事、生活を変えていく可能性に強い関心を持ったことから、Smart Kitchen Summitを企画・実現した。「Smart Kitchen Show」ポッドキャストや最先端のスマートキッチントレンドを発信するサイト「The Spoon」の運営など、活動は多岐にわたる。

Michael Wolf is the creator of the Smart Kitchen Summit, host of the Smart Kitchen Show podcast and founder of NextMarket Insights a research and advisory firm focused on the connected home. He decided to put this conference together because he is fascinated by how technology will change the way we cook, eat and live. Mike has been advising companies large and small in the connected home, consumer technology and Internet of Things market verticals for over 15 years, and today he helps clients have used his advisory services to assist with product development, go-to-market strategy, marketing and advertising, and mergers and acquisition.

田中 宏隆

田中 宏隆Hirotaka Tanaka 株式会社シグマクシス / Director

パナソニック株式会社、マッキンゼー等を経て、2017年1月よりシグマクシスに参画。ハイテク・製造業・通信、成長戦略、新規事業開発、M&A、実行・交渉等幅広いテーマに精通。料理という領域における日本として進むべき道を明らかにし、新たな産業への進化を目指す。
様々な企業の事業変革パートナーとして実行支援を続けて来た田中は、テクノロジーとともに進化する生活・ビジネスに着目。顧客企業との協働の中で、国内はもちろん米国、欧州等での展示会や企業訪問を重ね、最先端の動向・洞察を得て来た。現在は特に、スマートホーム、その一つの有望アプリであるスマートキッチンに高い関心を寄せる。単なるスマート化だけでなく、”料理“&”食“という、人々の生活に大きな影響を与えるテーマが、今後日本をどう変えていくのかを追求する活動として「Smart Kitchen Summit Japan」を企画。

As a continuation of his successful career at Panasonic and McKinsey, he joined Sigmaxyz in January 2017. Hirotaka is an expert in growth strategy, new business development, M&A, implementation and negotiation and other areas that span multiple industries, such as in high-tech, manufacturing, telecommunications. His goal is to define in a clear way, how Japan should grow in cooking space, and to help it evolve into a completely new industry.
Hirotaka has supported business transformations at multiple companies and his attention was caught by lifestyle and business that grows and evolves together with technology. While working together with clients he has visited multiple companies and exhibitions in Japan, USA, Europe etc. and observed the newest trends and ideas. He found smart home promising, and especially smart kitchen has caught his eye. His focus is not only on making things smart, but also investigating and catching the way how "cooking" & "food", which are very important topics in our lives, will change. That is why he started "Smart Kitchen Summit Japan".

水野 仁輔

水野 仁輔Jinsuke Mizuno AIR SPICE / 代表

1999年に出張料理集団「東京カリ~番長」を結成し、全国のイベントへ出張しライブクッキングを開始。以来、カレー専門の出張料理人として活動。カレーに関する著書は40冊以上。
現在は糸井重里氏主宰のサイト「ほぼ日」と立ち上げた「カレーの学校」で講師を務めるなど、料理教室やワークショップ、トークイベントも数多くこなす。2016年春に本格カレーのレシピつきスパイスセットを定期頒布するサービス「AIR SPICE」を開始。

Jinsuke Mizuno is an expert in spices and curries. He organized the group, “Tokyo Curry Bancho” in 1999 and started "show cooking" in the events in various places throughout Japan.
Since then, he has been successful as the catering chef specialized in the Curry and authorized more than 40 books about the Curry.
Currently, the field of his activity is expanding, such as teaching in the “The Cury school”,which he established with Shigesato Itoi who is famous of the website,“HOBONICHI”, and making workshop and opening the event. On the spring 2016, he launched out “The Air Spice” which is the subscription service that the Spice sets for the Curry sent to user periodically with the professional Curry recipes.

石川 善樹

石川 善樹Yoshiki Ishikawa 予防医学研究者

東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。「人がより良く生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。 専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学など。 著書に『仕事はうかつに始めるな』(プレジデント社)、『ノーリバウンドダイエット』(法研社)など。

Preventive Medicine Researcher
Yoshiki was born in 1981, Hyougo prefecture, Japan.
After graduating in Health Sciences (Tokyo University, Faculty of Medicine) he completed master`s degree at Harvard T.H. Chan School of Public Health and doctorate at Jichi Medical University.
His research is interdisciplinary, and is focused on "What does it mean for people to live better".
Main fields of study are preventive medicine, behavioral sciences, computational development.
He is the author of numerous books, including "Do not work thoughtlessly『仕事はうかつに始めるな』"(published by President Inc.) and "No rebound diet『ノーリバウンドダイエット』"(published by Houken Corp.).

外村 仁

外村 仁Hitoshi Hokamura

東京大学工学部卒業後、戦略コンサルティング会社ベイン&カンパニーで外資系および日系企業の経営コンサルティングに従事。1992年よりアップルコンピューター社で市場開発やマーケティング本部長職などを歴任。INSEADで夫人がMBAを取得する間主夫としてサポートしながら料理に目覚め、翌年スイスの国際経営大学院(IMD)でMBAを取得。

2000年、シリコンバレーにてストリーミング技術のベンチャーGenericMediaを共同創業し、資金調達から売却までを経験する。その後、First Compass Group を創業、2010年からはエバーノートジャパン会長を務めた。2012年、日経ビシネス「次代を創る100人」に選出。現在は、スタートアップ数社のアドバイザーや、スクラムベンチャーズのベンチャーパートナー、DG Labのアドバイザーを務める。また、NPO活動として、シリコンバレー日本人起業家ネットワーク(SVJEN)を設立し、初代代表を務めた。現在は総務省の「異能ベーション」プログラムアドバイザー。

Evernote時代にはChief Food Officerという愛称でも知られ、シリコンバレーにて「FoodとITの融合」をテーマに活動中。Nippon Gochiso Selectブランドアンバサダー。全日本食学会会員。

After graduating from the Faculty of Engineering, Tokyo University, he worked at a global management consulting firm "Bain & company" and engaged in strategy consulting for both Japanese and overseas companies. From 1992 worked in Apple Japan as director of market development and marketing. While supporting his wife, who was studying for MBA in INSEAD, he was charmed by cooking and proceeded to get MBA at IMD in Switzerland.

In 2000 in Silicon Valley he co-founded a streaming media start up GenericMedia, and have experienced all of the stages from fundraising to exit (buy out). Later he founded First Compass Group. In 2010 he joined Evernote Japan as a chairman. In 2012 he was selected as [100 people who will create the next era] by Nikkei Business. Currently he supports multiple startups as an advisor, is venture partner of Scrum Ventures and advisor for DG lab. In addition, he is active in NPO space. He is a founder of "SVJEN", a network for Japanese entrepreneurs in Silicon Valley and was the first chairman. Currently he is advisor for "異能(Inno)vation" program, curated by Japan`s Ministry of Internal Affairs and Communications(MIC).

During his stint at Evernote Japan, he was also called Chief Food Officer, and is active in "Fusion of food and IT" in Silicon valley. Currently he is brand advisor for Nippon Gochiso Select and chairman of All Japan food association.

伊作 太一

伊作 太一Taichi Isaku 株式会社コークッキング
/ Co-founder

誰もが参加できる創造的な協働料理「コークッキング」と、暗黙知を言語化・体系化する手法「パターン・ランゲージ」のスペシャリスト。料理を通して誰もが「人間らしく創造的な暮らし」を実現できる世界を見据え、「未来の料理」を支える場・しくみ・ツールを日々プロトタイプしている。

CoCooking / Co-founder
Taichi Isaku is an expert in "CoCooking", which has the simple meaning of "enjoying cooking together", and Pattern Language which is the creative approach of exchanging tacit knowledge to explicit knowledge.
He envisions the world in which everyone can live humanly and creatively by cooking. Everyday he prototypes the space, structure and tool for “future of cooking”, which enables anyone to join the act of cooking to become collaboratively creative in the kitchen.
(http://www.taichiisaku.com/)

Avi Geiger

Avi Geiger CTO / PicoBrew

PicoBrewの共同創業者兼CTO。過去15年間革新的で様々なハードウェアデバイスとシステムを定義、設計、開発。マイクロソフトにて12年間、ハードウェアエンジニアおよびプリンシパルアーキテクトとして、スマートフォン、タブレット、PC、入力デバイス、およびさまざまな基盤技術を含む、モバイルおよび接続デバイスのさまざまな分野で製品・事業立ち上げに携わる。また、電子資金送金、クルーズ船のセキュリティ、新素材のラピッドプロトタイピングなど様々な革新的ソリューションも開発。古くから存在するイシューに対して新たな解決策を導き出すことを追求し続け、24件の米国特許を保有するイノベーター。

Avi has been defining, designing, and developing innovative and diverse hardware devices and systems for the last fifteen years. A lifelong tinkerer, Avi is always looking for new solutions to old problems and has filed 24 US patents. In twelve years at Microsoft as a hardware engineer and principal architect, he led numerous product and incubation efforts across the mobile and connected device space, including smartphones, tablets, PCs, input devices, and a wide range of underlying technologies. He’s also developed innovative solutions for electronic funds transfer, security on cruise ships, rapid prototyping with new materials, making pasta, and holding up a pair of pants. Avi holds a B.S. in Engineering from Harvey Mudd.

Johnny Grey

Johnny Grey Johnny Grey Studio

国際的なキッチンデザイナー / 著者。バッキンガムシャーニュー大学 客員教授(デザインとキッチン文化)4冊の著書は、日本語を含む14の言語に翻訳されている。

氏の信じるところによると、キッチンは、時代と人によって変化するニーズ、そして人々の幸福への願いに応えながら、常に作り変えられていく生きた存在である。また、キッチンは世代、年齢や個々の能力によらず、すべての人が一緒に楽しむことができる非常に重要な家庭内のスペースである。余暇には、妻、4人子供とその孫たちと共に、25年間使い続けるキッチンで様々な国の料理を作ったり、紅茶やワインを飲んだり、音楽を聴いたりしている。週末にはDIYとガーデニングを組み合わせた庭づくりにこだわり、休暇には人里離れた土地まで出かけることを楽しんでいる。

氏が経営するジョニー・グレイ・スタジオは、細部に渡りデザインされたオーダーメイドのキッチンスペースを提供。現在は、講義や研究、経営だけでなく、高齢化対策国家イノベーションセンターのデザイン・アンバサダーにも就任している

Johnny is an international kitchen designer, author and Visiting Professor of Design and Kitchen Culture at Buckinghamshire New University UK. His four books have been published in fourteen languages including Japanese.

Johnny believes the kitchen is a living entity, constantly re-inventing itself as a response to changing needs of time and people and desire for happiness. It is the key home space where all generations, all abilities and ages can enjoy being together.

In his spare time Johnny cooks recipes from many cultures, drinks tea, wine, listens to music and makes use of their 25 year old kitchen, with his wife, four grown up children and grand kids. He mixes DIY and extreme gardening at weekends and loves holidaying in remote landscapes.

He runs Johnny Grey Studios which creates carefully designed, bespoke kitchen spaces in between teaching, research work and currently being the design ambassador for the National Innovation Centre for Ageing.

Jon Jenkins

Jon Jenkins Director of Engineering
/ Hestan Cue

20年以上スタートアップでテクノロジー技術者として従事。10年近くAmazonにて、ECやウェブサービス、Kindle Fireのローンチを担当。その後、Pinterestでエンジニアリング部門の責任者に就き、テクノロジーチームをわずか2年で5倍に成長させる。 2014年にMeldを設立。その後2015年にHestan Smart Cookingと協力して、家庭料理におけるGuided Cookingのコンセプトを作成。現在技術ディレクターとして料理への科学的アプローチに注力しながら、Hestan Smart Cookingと他社との戦略的パートナーシップ構築に従事している。

Jon has been a startup and technology addict for more than 20 years. He spent nearly a decade at Amazon working on everything from the e-commerce website, to web services, to the launch of the Kindle Fire tablet. In need of more adventure he moved to San Francisco to become the head of engineering at Pinterest where he grew the tech team from fivefold in just under two years. In 2014 Jon founded Meld which joined forces with Hestan Smart Cooking in 2015 to bring the concept of guided cooking to home cooks. In his current role as Director of Technology he focuses on the science of cooking and establishing strategic partnerships between Hestan Smart Cooking and other companies.

Kevin Yu

Kevin Yu CEO / SideChef

テクノロジー業界のシリアル起業家。テクノロジーで人々へ新体験を提供することに情熱があり、TEDにて2度スピーカーとして選出されるなどビジョナリー起業家として知られる。ゲームのグローバル大手ブリザード・エンターテインメント社で8年勤務。独特な観点から未来を考える。ゲーム会社で培ったゲーミフィケーションやユニークは発想力を活かし、料理やECに至るまで様々な領域で変化をいとわない影響力のあるベンチャーを複数設立。現在上海にてSideChefの製品開発や海外展開を進める。SideChefは料理体験を根本から変えるものとしてUSA TODAY紙の2014年Best Appに選出される。モバイルによるステップごとの解説とユーザーの投稿レシピを組み合わせた料理系コミュニティプラットフォームが高く評価されている。

Kevin is a serial tech entrepreneur who relentlessly builds the experiences of the future. He is a unique breed of visionary, a two time TEDx speaker, cultivated by more than 8 years at the world’s leading gaming companies, with his mainstay at Blizzard Entertainment. From political reform to cooking to ecommerce to management, a deep understanding of gamification and original ideation enables Kevin to create highly engaging, systemically transformational, and extremely viral ventures. Kevin is currently in Shanghai spear-heading product development and international expansion of SideChef, a game-changing cooking app, named 'Best Apps of 2014' by USA TODAY, that reinvents the entire cooking experience. SideChef features a premiere mobile first community platform, combining interactive step-by-step design and user-generated content to bring cooking into the 21st century.

Iri Zohar

Iri Zohar CEO / FresHub

Freshubの創業者兼CEO。スマートキッチンと食料品店・家電メーカーやデバイスメーカー・CPG(加工消費財)ブランドを繋げるプラットフォームを構築。シリアルアントレプレナーとしても知られ、データ管理プラットフォーム企業eXelate(2015年にNielsenに売却)、広告ネットワーク企業Oridian(2007年にY-Brantに売却)で創設者兼CEOを務めた。

As CEO of Freshub, Iri serves as chief visionary for the connected kitchen and its potential to open a world of opportunities for grocers, appliance and device manufacturers, and CPG brands. Prior to Freshub Iri was the Founder and CEO of eXelate, developing its vision, driving its launch, building its executive team and shepherding its subsequent growth to its position as the industry-standard data engine. eXelate was successfully sold to Nielsen in in 2015, yielding very high returns to its investors. Prior to that Iri was the Founder and CEO of Oridian, succefully sold to Y-Brant in 2007.

小竹 貴子

小竹 貴子Takako Kotake クックパッド株式会社 / ブランディング・広報担当本部長

1972年、石川県金沢市に生まれる。 関西学院大学社会学部卒業。株式会社博報堂アイ・スタジオにてwebディレクターとして経験を積み、2004年有限会社コイン(現クックパッド株式会社)へ入社。編集部門長を経て執行役に就任し、2009年「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2010」を受賞。2012年同社退社。その後、フリーにて料理や食に取り組むサービスの事業支援を行う。2016年4月から再びクックパッド株式会社に復帰し、ブランディング・広報担当本部長に就任。2016年3月よりクックパッド料理教室事業部長も兼務。

Cookpad Inc / VP of PR and Corporate Branding
Born in Kanazawa in Ishikawa Prefecture, Japan. Graduated from Kwansei Gakuin University. Worked in Hakuhodo i-studio as Web Director. Joined Cookpad in 2004 as Chief Editor and became Executive Officer. Selected as "Nikkei Woman of the Year" in 2010. Left Cookpad in 2012 and supported several cooking/food related services. Returned to Cookpad in April 2016 as VP of PR and Corporate Branding. Takako also leads Cookpad Cooking School Business.

小川 裕也

小川 裕也Yuya Ogawa 株式会社LIXIL / Designer

2010年、サンウエーブ工業(現LIXIL)に入社。
以降、デザインを中心にキッチンの商品開発に携わる。 ユーザーをつぶさに観察することで潜在的な欲求を探り、そこで得られたインサイトをもとにプロダクト開発を行っている。
暮らしの中心としてのキッチンのあり方を提案すると共に、キッチンをユーザーの創造性を引き出す道具として捉え、人と空間との関係性をデザインする。
近年は、食に関わるくらしが楽しくなるような新しい文化を醸成するため、量産メーカーである自分たちだからこそ出来ることがあると感じ活動している。

After joining Sunwave corporation (currently LIXIL) in 2010,
he was responsible for kitchen product development, and his focus is design.
Yuya's method for developing products is to use insights regarding customer`s latent needs. He gathers such insights by very carefully observing the users.
Yuya is reasoning that kitchen is a tool, which can inspire creativity. He proposes a concept, where kitchen is the center of living, and he designs relationship between human and space. In recent years LIXIL feels that as a mass market manufacturer, there are things they can do to evolve a new and supremely exciting food related culture.

深田 昌則

深田 昌則Masa Fukata パナソニック株式会社
アプライアンス社 事業開発センター
Game Changer Catapult 代表

1989年パナソニック(松下電器産業)入社後、カナダ・クイーンズ大学での国際プログラムに参加、米国松下電器およびカナダ松下電器に赴任。
帰国後、AVC社で欧米コンシューマー市場向け国際営業担当後、海外宣伝課長を担当、LUMIX、DVDレコーダー全世界市場導入を実施。
ハリウッドでの映画連携等によるグローバルキャンペーン展開を実施。
2004年よりスポーツマーケティング室リーダーとして五輪PJ推進責任者。
IOCや各五輪組織委員会との折衝に当たり、五輪大会の技術マーケティング戦略を運営。
2010年よりパナソニックカナダにて市販営業担当ディレクターに就任。
2015年よりアプライアンス社海外マーケティング本部新規事業開発室長、2016年にデジタル変革時代のイノベーションを加速する社内アクセラレーター「ゲームチェンジャー・カタパルト」を立ち上げ、SXSWなどで新コンセプト家電を提案する活動などを積極的に展開し、組織や働き方の枠組みを超え、新しい技術や発想で「くらしの願いをカタチにする」ことを実現することを目指している。

佐宗 邦威

佐宗 邦威Kunitake Saso 株式会社biotop
CEO / Founder
/ Chief Innovation Producer

東京大学法学部卒。イリノイ工科大学デザイン学科(Master of Design Methods)修士課程修了。
P&Gにて、ファブリーズ、レノアなどのヒット商品のマーケティングを手がけた後、ジレットのブランドマネージャーを務めた。
ヒューマンバリュー社を経て、ソニー(株)クリエイティブセンター全社の新規事業創出プログラム(Sony Seed Acceleration Program)の立ち上げなどに携わった後、独立。B to C消費財のブランドデザインや、ハイテクR&Dのコンセプトデザインやサービスデザインプロジェクトを得意としている。「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由」著者。
京都造形芸術大学創造学習センター客員教授。

確定次第随時Updateしていきます
We will have more speakers. Please wait for updates!

Startup Show Case





Startup Show Case 開催概要  Participation Overview

日時・場所
Date and Venue
8月25日(金)15:40~ Smart Kitchen Summit Japan 内で開催予定
(プレゼンテーション・パネルディスカッション:約60分程度/使用言語:日本語or英語)
25th August, Friday, 15:40pm-, about 60-minute-presentations and panel discussion at the Smart Kitchen Summit Japan, Language: JP/EN 
内容
Contents
【プレゼンテーション】
  ● スタートアップ各社 事業紹介

【パネルディスカッション】
  ● 登壇者:スタートアップ数社(3社前後)、モデレーター(シリアル起業家)
  ● ディスカッションテーマ
    ・スタートアップが狙うSmart Kitchen市場とは
    ・現状の課題/課題解決に向けて

他、会場内およびSKSJ公式WEBサイト、パンフレット等にてスタートアップ企業の製品・サービス紹介を予定

<Presentation>
  -Introduction of Startup Business

<Panel Discussion>
  - Speaker: Several startups
  - Theme:
    ・The prospect of startups about the Smart Kitchen Market
    ・Current Issues / How to solve them

We will introduce the service and products of startup in the conference room, brochure and Web site.
参加対象
Target groups
・食&料理やその関連領域(ヘルスケア、医療、農業、地方創生等)でテクノロジーを活用して新市場創成、社会課題の解決に挑んでいる方(スタートアッププレイヤー、研究機関など)

特に以下に該当する方をお待ちしております
・一般家庭のキッチン・料理についてのユーザーの課題を、テクノロジーで解決しようとしている
・取り組んでいる課題もしくは解決策がユニークである

The startups and the research institutes challenging to solve the social problems in food, cooking and the related fields such as healthcare, medical services, agriculture and local economy development with the new technology.

Especially,
-who's having the unique solutions to the issues
-who's services are for home kitchens
参加希望締切
Due Date
2017年6月30日(金)予定 June 30th 2017
参加特典
The benefits participation
【プレゼンテーション・パネルディスカッション登壇企業】
・US Smart Kitchen Summit オーガナイザーMichael Wolf氏、US著名スタートアップ、様々な領域の国内大手事業会社とのネットワーキングの機会
・Smart Kitchen Summit Japan への無料ご招待

- Networking Support: With Global food-tech experts, the startups and the investors, etc.
- Invitation to the Smart Kitchen Summit Japan
参加方法
How to participate ?
申込み受付は終了いたしました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

PARTNERS


PLATINUM
  • ■ Smart Kitchen Summit Japan
    招待チケット8枚
  • Smart Kitchen Summit 2017
    (seattle , US) 2dayチケット4枚
  • Michael Wolf氏との個別ミーティング
  • ■ 海外企業との個別ミーティング
  • ■ 登壇者との交流会ディナー(8/24)への
    ご招待
  • ■ ノベルティへのロゴ掲載
  • ■ 企業紹介
  • ■ ミニ展示スペースの確保
  • ■ Speaker枠の提供
GOLD
  • ■ Smart Kitchen Summit Japan
    招待チケット6枚
  • Smart Kitchen Summit 2017
    (seattle , US) 2dayチケット2枚
  • ■ 登壇者との交流会ディナー(8/24)への
    ご招待
  • ■ 企業紹介
  • ■ Michael Wolf氏との個別ミーティング
  • ■ ミニ展示スペースの確保
SILVER
  • ■ Smart Kitchen Summit Japan
    招待チケット2枚
  • Smart Kitchen Summit 2017
    (seattle , US) 2dayチケット1枚
  • ■ 登壇者との交流会ディナー(8/24)への
    ご招待
  • ■ 企業紹介

ACCESS

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID (6F ATTIC)

・地下鉄メトロ半蔵門線、南北線、有楽町線「永田町駅」4番、9番b出口より徒歩2分
・銀座線、丸ノ内線「赤坂見附駅」7番出口より徒歩5分「麹町駅」1番出口より徒歩7分
・銀座線、南北線「溜池山王駅」5番出口より徒歩11分

CONTACT

株式会社シグマクシス SKSJ事務局
105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-28
虎ノ門タワーズオフィス9F
www.sigmaxyz.com

サミットに関するお問合せ
seminar@sigmaxyz.com

パートナーシップに関する
お問合せはこちら