BUSINESS
Business Solutionsビジネスソリューションズ

クラウドを基盤とするグローバル・サプライチェーン

サプライチェーンのグローバル化にともない、企業はグローバル・サプライチェーン構築に取り組んでいます。しかし「最適な物流拠点の配置」や「輸送手段の選択」といった物理的な整備は進む一方、サプライチェーン内での情報共有・伝達のインフラ整備には手つかずの企業が多いのが実態です。

現代のサプライチェーンでは、情報の伝達スピードが鍵となります。古く不正確な情報が流れるサプライチェーンのままでは、リードタイムが短縮できず、販売機会の損失、余剰在庫の増加、ひいては収益性の低下や在庫維持コスト増、キャッシュフローの悪化といった経営課題を引き起こします。

そこでシグマクシスは、グローバル・サプライチェーンのあり方を根本から見直すことを提案しています。

情報をリアルタイム共有するプラットフォームの構築

サプライチェーン上で重視すべきは、製・配・販それぞれのプレイヤーによる情報のリアルタイム共有です。既存のサプライチェーンで行われているような各企業間のリレー型情報伝達ではなく、鮮度と精度の高い情報を一元化できるプラットフォームを構築することで、需給イベントに対する各プレイヤーでのリアクションタイムをゼロに近づけ、サプライチェーン全体のリードタイムを短縮するのです。リアルタイムでの情報共有は、各企業・業務での予測(予定)と実行の差を縮め、MTS(見込み生産)をMTO(受注生産)に限りなく近づけます。その結果、多くのグローバル・サプライチェーン上での問題である“エシェロン在庫”※を削減し、適正な在庫レベルを実現します。

※エシェロン在庫:サプライチェーン上の取引先や物流拠点に存在する在庫

One Network社 RTVNを活用

シグマクシスでは、こうしたグローバル・サプライチェーン構築を、One Network社のReal Time Value Network™(以下、RTVN)の導入により実現することを提案しています。

1.RTVNの概要
RTVNは、クラウド上に構築された業務機能(aPaaS)を複数企業が活用することにより、需要情報のリアルタイム共有とワンデータでの業務を実現します。

特に下記の注目すべき機能を持っています。

  • サプライチェーン上のすべてのプレイヤーとの計画・実績の共有
  • 各種計画(販売計画、生産計画、調達計画、出荷計画等)の立案と同期
  • 中長期プランニングと経営計画との比較、意思決定(S&OP)

2.RTVN導入による効果
RTVNの導入により、下記のような業務改善が期待できます。

  • 市場のリアルな需要変動を、サプライチェーン内のプレイヤー間で瞬時に共有できる
  • 最新で正確な情報に基づいた意思決定を行うことができる
  • 最適な在庫レベルでの業務が可能となる
  • 業務効率の向上により、より戦略的な活動に時間を充てることが可能となる

加えて、クラウド基盤の特性により、下記コストメリットが期待されます。

  • 大規模開発が不要となり、イニシャルコストが抑えられる
  • 莫大な額の運用・保守コストが必要ない
  • 固定資産化されず、費用としてシステム利用料を支払うため、経営効率を高められる

3.RTVNの導入アプローチ
最短6か月という短期間でのグローバル・サプライチェーン構築が可能であることも、クラウド基盤を活用するメリットの一つです。

また、ラピッド・アセスメントとPOC(Proof Of Concept:コンセプト検証)を通じて、本格導入を開始する前に効果を検証することが可能です。

  • ラピッド・アセスメント(1か月)どのような効果が期待できるか、現在のデータに基づき短期で試算し効果を確認する
  • POC(約1~2か月)標準の小さな範囲で環境を構築。実際の運用を想定し業務およびシステム評価を行い、併せて追加要件を洗い出す
  • インプリメンテーション(4~6か月)開発・導入を行う

当領域のプロフェッショナル

浅川 智哉
プリンシパル

IT企業、個人事業主を経て現在に至る。SCM全般に関わる業務改革・再構築。計画系・実行系のシステム構築、企業パフォーマンス管理に関わる管理会計業務構築等の豊富な経験とノウハウを持つ。特に、需要管理、販売管理、生産管理を専門領域とする。

鈴木 フィリップ
マネージャー

外資系IT企業勤務、企業経営を経て、現在に至る。国内外の企業のグローバルサプライチェーン可視化・最適化活動を支援。複数のSCMツールを用いたデータを解析、現状分析からあるべき姿への変革ロードマップ策定、需要および在庫の可視化、需給バランス調整、拠点の再配置、シナリオベースのコストシミュレーションなどを専門領域とする。