完全リモートワーク時代の
事業運営
Withコロナでも企業活動を
止めないシナリオ

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の拡大は、世界規模で社会・経済に大きな影響を与えています。
企業が目下の危機を乗り越え、また次の危機に打ち勝つために、何をすべきなのでしょうか。
シグマクシスが自ら実践し、提言する、Withコロナ時代の企業の事業運営の視点をお伝えします。

企業の経営指標の変遷「社会的使命を果たし、社員を守る」

企業の経営指標は、1990年から2000年代に行われていた株主重視の経営に対し、2010年代にはESGやSDGs、働き方改革といった社会・社員視点が加わるなど、時代にあわせて変遷を遂げてきました。

そしていま、長期にわたり人々の行動・生活スタイルに影響を及ぼすパンデミックが現実のものとなり、従来型の企業経済活動の継続は困難になるなか、企業運営における重要事項もさらに進化しつつあります。企業運営において、社会活動の継続のために有用な商品・サービスを安定的に供給すること、社員の安全を守ることが大前提となったのです。

ビジネスを止めないための、未来のシナリオ

急転直下、突然の在宅勤務、普段通りにいかない毎日。数か月で「元に戻る」と思っていたけれど、しばらくこの状況が続きそう―――。 コロナ禍で途方に暮れるビジネスパーソンの未来に、光明はあるのでしょうか。いまビジネスの現場が抱える課題と、未来のシナリオを考えてみます。

  • なくならないハンコと紙

    • 社内手続きや業務上の契約・発注書類の多くが紙ベース。押印のために出社せざるを得ない
    • 電話・FAXを介することを前提としたシステムを使わざるを得ない
    未来をみる
  • 対面できない営業

    • 「営業は対面で行うもの」という考えで活動していたため、感染リスクのある局面で業務が止まってしまった
    • 感染疑いのある営業スタッフの行動履歴が追いきれず、売り場全体を閉鎖した
    • セミナー・イベント自粛のためマーケティング活動が難航
    未来をみる
  • 在宅ワーク環境の限界

    • 自宅のWi-Fi通信環境が弱い。ラップトップモニターが小さく、作業効率が低い
    • セキュリティの問題で、業務専用端末に自宅からアクセスができない
    • アクセスが集中する時間帯はVPNになかなか接続できない
    未来をみる
  • 見えない上司/部下の顔

    • 在宅ワークになり、部下の業務状況が見えず不安。サボっているのではないか?
    • 上司からたびたび電話やチャット。そのたびに作業を中断し、効率が下がる
    • 常にPCカメラで業務を監視されている
    未来をみる
  • 新卒採用・研修の大きな壁

    • 学生向け説明会もグループ選考もインターンもできない。オンライン面談だけで人財の適性を見極められるのか不安
    • 入社後の集合研修ができない。外部のe-Learningだけを続けても意味ないのではないか
    未来をみる
※これらは自社の調査で収集した事例をベースに、未来のシナリオをイメージしたものです。シナリオは随時追加してまいります。

「なくならないハンコと紙」の未来

●月×日
午前はテレカンで上司とミーティング。新しいお客様との契約締結について情報を共有。ミーティング後に社内システムのワークフローで電子決裁をもらった。以前は契約締結のために、紙ベースで「社内ハンコ集め」をしていたが、プロセスが見直されてからは1~2名の電子承認でOKになった。あとは契約先との手続きを残すのみだ。

お客様も会社によっては紙ベースの契約が残っており、その時は出社して押印手続きしなければならないが、今回の契約先は電子押印システムを導入していて助かった。

事業を継続するための8つの鍵
  • 業務プロセス意思決定プロセス再設計
  • 業務システム決裁ワークフロー・電子押印システム
  • コミュニケーションツールテレカンツール
  • 規程・ルール職務権限規程見直し
詳しく見る
×

「対面できない営業」の未来

●月×日
自宅でコーヒーを飲みながら融資先の資料を読み込む。社内規程が変わり、業務の資料を事業所外でも扱えるようになって仕事の効率が上がった。

テレビ会議の着信。融資先の社長は、画面越しで資料を共有しながら、事業計画について熱心に説明してくれた。オンラインで提出された融資の申請書類を確認し、社内決裁ワークフローにまわす。

客先の営業訪問はリアルとオンラインを使い分けている。先日、ある感染症の濃厚接触者の可能性があると社内アプリで通知があったので今はオンラインで対応。可能性がなくなれば、また外回りもOKになる。

事業を継続するための8つの鍵
  • 業務プロセスオンライン型営業プロセス整備
  • 業務システム電子書類管理システム
  • コミュニケーションツールテレカンツール
  • 人財・組織感染症から社員や顧客を守る事業継続支援ソリューション
  • 規程・ルール情報管理規程見直し
詳しく見る
×

「在宅ワーク環境の限界」の未来

●月×日
在宅勤務のため、自宅のPCから社内システムにアクセス。オフィスではマルチスクリーンで仕事をしていたので、自宅用に会社から支給された補助スクリーンも利用。業務効率はオフィスと変わらない。

通信量の増加で接続エラーが増えていたVPNが廃止され、SDPというネットワークセキュリティが導入された。朝や夕方などの混みあう時間も、ストレスなくスムーズにアクセスができて快適だ。

午後は自宅から物流システムの在庫情報を見つつ、需要予測のWeb会議だ。これまで専用端末でしかアクセスできなかった古い物流システムが刷新されて、先月からリモートワークでもアクセスできるようになった。新しいアーキテクチャのクラウドサービスで、セキュリティも担保され、常に最新版が利用できる。

事業を継続するための8つの鍵
  • 業務システムレガシーシステム刷新
  • インフラ環境ゼロトラストモデル(SDP)への移行
  • ワークプレイス在宅インフラ整備
詳しく見る
×

「見えない上司/部下の顔」の未来

●月×日
オフィス勤務が必須ではなくなり、働き方がだいぶ変わってきた。毎日会うわけではないので、各メンバーの役割や目標をお互いに共有し、日々の業務の進捗はチームメンバーの自律性に任せている。
受注状況などの大事な指標はウェブ上のダッシュボードでリアルタイムに確認できるので、以前のように部下の顔が見えないと不安、ということもなくなった。

人事評価制度も大きく変わり、能力ベースの評価システムが導入された。年度末評価の面談はリアル、オンラインなど、個人の業務状況に合わせて行った。期初に設定した目標に対して、アウトプットを重視した評価を行っている。ある部下は、誰も知らなかった新しいツールを取り入れて業務改善を行った、と嬉しそうに成果を報告してくれた。仕事を任されたことで、業務効率、モチベーションともに上がっているようだ。

事業を継続するための8つの鍵
  • 人財・組織能力評価制度、目標/達成管理制度(OKR)
  • 規程・ルール勤務形態・労務管理規程の見直し
  • 意思決定・経営管理経営管理ダッシュボード
詳しく見る
×

「新卒採用・研修の大きな壁」の未来

●月×日
新卒で入社した会社には、感染症の流行でしばらく出社できないことになった。どうなることかと途方に暮れたが、入社祝いのメッセージとともに、PCや携帯電話などのモバイルツールが自宅に届いた。

おそるおそるツールのセットアップを済ませると、翌日からオンラインでの研修が始まった。講義、ブレイクアウトセッション、提出課題のレビューが粛々と進められる。マネージャーとのWeb面談や、チャットなどのコミュニケーションでモニターはいつも賑やかで、心細くはない。1か月はあっという間だった。

空き時間に、来年入社組の内定者とのオンライン交流会に参加。ここまでの選考がほぼWeb面談ということもあって、みんなオンライン慣れしている。質問が止まらない。

事業を継続するための8つの鍵
  • 業務プロセス採用プロセス再設計
  • コミュニケーションツールテレカンツール
  • 人財・組織研修プログラム再構築
  • ワークプレイス在宅インフラ整備
詳しく見る
×

事業を継続するための8つの鍵

「企業経済活動の安定的運用」のためには、業務プロセスやシステム、各種規程、ツールといった8つの要素を連携的に設計・整備する必要があります。
シグマクシスではこれらを「オクタゴン・モデル」と呼び、それぞれの視点のソリューションを組み合わせて提供しています。

  • 「なくならないハンコと紙」
    の未来
  • 「対面できない営業」
    の未来
  • 「在宅ワーク環境の限界」
    の未来
  • 「見えない上司/部下の顔」
    の未来
  • 「新卒採用・研修の大きな壁」
    の未来

ソリューション例

業務プロセス 業務システム
コミュニケ―ション
ツール
人財・組織
ワークプレイス
規程・ルール
意思決定・経営管理

アセスメントと変革ロードマップ策定

シグマクシスでは、オクタゴン・モデルの8つの要素に対する達成度や課題をアンケートや各種データ分析により評価した上で、今後の変革ロードマップを策定するコンサルティングサービスを提供しています。

「もう昔には戻れない」
危機とともに生きる企業には、新たなBCPが必要

長期にわたり人々の行動・生活スタイルに影響を及ぼすパンデミックが現実のものとなり、従来型の企業経済活動の継続は困難になっています。このため、企業の事業継続計画(BCP)においても、従来の目的であった「自社の中核事業の当面の復旧」だけでなく、社会的なミッションを果たし、社員の安全を確保することを経営の最重要課題としながら、「中長期的に企業経済活動を安定的に運用していく」ための新たなBCPが必要になっています。

当領域のプロフェッショナル

西村 鉄豊
ディレクター

外資系コンサルティングファーム、ベンチャー経営を経て、シグマクシス立上げより参画。戦略立案~業務変革~システム導入まで一気通貫による支援や、企業変革といったプロジェクトを担当。

小室 貴史
ディレクター

新卒で外資系コンサルティングファームに入社、2012年よりシグマクシスに参画。基幹業務改革及びシステム導入に関わる企画から稼働までのPMO支援などのプロジェクトを担当。