BUSINESS
Digitalデジタル

AI Integration & Deployment(AID)プログラム

昨今、機械学習やディープラーニングといったテクノロジーの急速な進化にともない、IBMやGoogleといったITビッグプレイヤーのみならず、各種ベンチャー企業もこぞってAIソリューションを提供し始めています。企業においてもAIを活用してビジネス変革に取り組む機運が高まっています。

しかし、AIは企業の夢をかなえる「魔法の箱」ではありません。企業におけるAI導入の経験者は圧倒的に不足しているのが現状で、不十分な情報に基づく誤った意思決定や、部分的なソリューション活用で事業の成果につながらないケースも多くみられます。環境的にいまだ難易度が高いAI導入に取り組むにあたり、自社に合うソリューションは何か、どのようなビジネス領域に導入すれば成果が出せるのか知りたい、というニーズは、日々増加しています。

AIを魔法の箱にしていませんか?

そこでシグマクシスは、AIでビジネス競争力を実現するサービス、“AI Integration amp; Deployment プログラム(以下 AIDプログラム)”を提案します。当プログラムは、各社における最適なAI適用領域や、実行すべき施策、想定効果を明確化し、AI導入のための実現可能な計画を策定、実行までを支援します。

AIDプログラム コンポーネント

シグマクシスは、プランニング、社内外の活用データ/分析基盤整備、データ解析の高度化・高速化、AI・ディープラーニング ソリューションの選定および導入、エッジ・コンピューティングの推進といった、AI導入の全レイヤーをカバーし、ビジネス変革をエンド・トゥ・エンドでご支援します。

アプローチ・事例

シグマクシスは、プランニング、社内外の活用データ/分析基盤整備、データ解析の高度化・高速化、AI・ディープラーニング ソリューションの選定および導入、エッジ・コンピューティングの推進といった、AI導入の全レイヤーをカバーし、ビジネス変革をエンド・トゥ・エンドでご支援します。

シグマクシスのデジタル関連アライアンス

当社は、企業がAI、ビッグデータをはじめとする各種デジタルテクノロジーを、企業のビジネス競争力実現に活用する上で、多様なテクノロジープレイヤーとアライアンスを組んでいます。常に最適な最先端のテクノロジーを選び、組み合わせて、企業価値向上をご支援します。

  • ソフトバンク株式会社(IBM Watsonエコシステムパートナー)
  • Google(Google Cloud Platformサービスパートナー)
  • ヤフー株式会社(YAHOO!JAPAN DMP 認定データビジネスパートナー)
  • DataRobot, Inc.(コンサルティングパートナー)

当領域のプロフェッショナル

溝畑 彰洋
Director

外資系ITサービス会社、および外資系コンサルティングファームを経て2012年にシグマクシス参画。流通業界全般のコンサルティング、およびSIプロジェクトに従事。近年はデジタルマーケティングに注力し、デジタルマーケティング戦略策定、キャンペーンROI最適化、それらを実現するためのオペレーション実現までを支援。

新井 克人

外資系IT会社にてフルスタックのサポートエンジニアとして活躍した後、2016年よりシグマクシスに参画。エンジニアとしての経験を活かした、IoT, AI等の新規技術エリアのプロトタイプ・デモ作成を得意とし、特化型AI(Watson/Google/Microsoft/東芝/ドコモ等)ではPoC実施まで支援を行う。保険業・製造業のお客様に対して、DataRobotを活用した、データ分析のコンサルティング活動にも従事。ビッグデータから新たなマーケティング施策の策定や、製造工程改善施策の提案を実施。

出川 雅士

国内外の研究所で研究員を務めたのち、ITデータマイニング事業者を経て現在に至る。博士(理学)、フンボルト財団奨学生。ナノテクノロジー、生物物理、市場売上などの確率過程を含む時系列データの解析、予測モデル構築を得意とする。投稿論文がアメリカ物理学会のVirtual Journal of Nanoscale Science and Technologyに選出。ダイバーシティーを最大の武器にお客様のニーズに沿うコンサルティングを提供。