連結経営を実現するグループマネジメント

IFRS導入の本質は連結経営への移行

日本ではIFRSの任意適用が2010年3月期から認められ、また2015年には強制適用される可能性があります。 一般に、IFRS導入の議論は、会計処理基準に関する日本基準との相違点に焦点が当てられ、制度対応の議論となっている傾向にあります。新たに導入される会計基準という点では、個々の基準への対応も当然重要ではありますが、IFRS導入の本質は、法人格単位よりも経済的実態を重視した企業グループという単位での適切な業績管理と報告であると捉えるべきと我々は考えております。原則主義であるIFRSは、常に「適切な業績管理と報告」という視点に立って、財務諸表を作成し、開示することを求めています。

自社の連結経営のスタイルを確立することが急務

1990年代後半からの会計ビックバンにおける連結決算重視への変更の際、日本企業の多くは連結決算体制への移行は実現できましたが、連結経営体制への移行という点ではまだ発展途上です。IFRSの強制適用の議論により、連結経営への移行に期限が設けられることとなり、どのような連結経営を行っていくかという方針の検討が急務となりました。欧米企業に目を向けると、経済活動体である企業グループをあたかもひとつの企業であるような運営、管理を行うグループワンカンパニー型の企業が出現しています。このような企業の特徴は、強力な本社機能を持ち、法人格の枠を超えた業績管理と標準オペレーションが導入されている点です。一方、日本企業は、グループ企業が設立された過程や法人格を重視した分権的な経営という伝統があるため、必ずしも欧米企業が取った連結経営のスタイルが適切とは限りません。したがって、日本企業は、連結経営に関する自社の状況を踏まえ、目指すべきスタイルの検討を急ぐべきだと考えます。

IFRS導入アプローチ

シグマクシスでは、会計基準の変更に伴う会計処理方針とその影響分析のみならず、各社の現状を踏まえた上で、連結経営の姿を描き、その実現に向けたご支援をさせていただきます。

お問い合わせ