代表挨拶

私達は今、かつてドラッガーが「誰も経験したことのない時代がやってくる」と予言した時代にいます。かつての成功体験や国内外のベストプラクティスをなぞっていれば生き残れる、という時代はすでに終わりつつあります。「どこにも正解がない」という環境下にいる企業と個人に求められていることは、「自らがどのような価値を創造したいのか」というビジョンをまず明確にすること、そしてその実現のために、既成概念にとらわれることなく、スピードと柔軟性をもって前進し続けることでしょう。

デジタル化、グローバル化、多様化、そしてサービス化といった変化がかつてない勢いで一気に押し寄せる今、企業が自らの戦略を成果に結びつけるのは、決して簡単なことではありません。かつては当たり前だった「じっくり考えて戦略を策定し、着実に実行して成果をあげる」という時間軸が、現在の経営環境には存在しないからです。変化する社会の先を見据えながら自らが目指す価値を定義して、実現にむけてすぐに着手し、トライ&エラーを繰り返して学習しながら、新たなビジネスモデルを作り上げていく—企業規模、業種業態に関係なく、そんな動き方をする企業が新たな時代を創りはじめています。

企業にプロフェッショナル・サービスを提供する側に立つ私達も、海外のベストプラクティス事例を紹介する、知識や経験、方法論を提供する、あるいは戦略策定、プロセス設計、IT設計構築といった機能を提供するという、従来型のコンサルティング・サービスでは、お客様の成功に貢献することはできない、と考えます。シグマクシスが目指すのは、日本発の「アグリゲーター。」お客様と共に戦略を描いてビジネスモデルを設計し、スキル、ノウハウ、テクノロジー、企業および人的ネットワーク、資本といった、ビジネス遂行に必要な要素を自由自在に組み合わせて実行の基盤を作り、圧倒的なスピードをもって価値創出につなげる集団です。

既存の枠組みにとらわれることなく、多様な人財や組織とのコラボレーションを通じて、世の中に新しい価値を生み出し続ける、クリエイティブでモチベーションあふれるプロフェッショナル集団であることを、シグマクシスは目指します。そして、様々な企業そして個人のみなさまとの接点を通じ、豊かで広がりのある社会づくりに貢献できる企業でありたいと願っています。

代表取締役会長兼社長 倉重英樹

倉重英樹

代表取締役会長兼社長
倉重英樹