ワークスタイル

  • 実現したいこと
  • ワークスタイル
  • オフィス

シグマクシスは、コラボレーションによる新しい価値創造モデルの実現にむけて、自らのワークスタイルを「Professional&Collaboration」と定義しています。
これは、プロフェッショナルが「いつでも、どこでも、誰とでもコラボレーションを通じて価値創造している」ということ。
徹底的なデジタル化とモバイルの活用、そしてWEBコンファレンスツールの導入により、時と場所を選ばず、いつでもプロフェッショナルが社員やお客様、ビジネスパートナーとコラボレーションできる環境を追求しています。

プロフェッショナルの要件「ライフワークバランス」の実現

自由な発想とクリエイティビティを発揮できるオフィスデザインと環境

※デザインや実際の仕事風景などが、複数の画像でご覧いただけます。

エントランス
森をモチーフにしたオフィスのエントランス部分。
四季折々の木々の動画が投影され、鳥のさえずりが聞こえる。
ほのかな森の香りも焚かれ、通るたびにリフレッシュできる。
デザイン・仕事風景を見る

エントランス

マーケット
完全フリーアドレスのオフィスの中央部にある「マーケット」。
人とモノの情報が行きかう場として、社員がコミュニケーションやコラボレーションに活用している。
個人収納がないオフィスにおいて、「キオスク」の役割も担い、折々で社内イベントなども開催。
デザイン・仕事風景を見る

マーケット

マーケット階段スペース
説明会やKnowledge Sharingなどの使える多目的スペース。
天井つり下げ式の横長スクリーンに3台のプロジェクター投影も可能で、階段スペースに腰をかけてセッションなどが行われる。
デザイン・仕事風景を見る

マーケット階段スペース

執務スペース
完全フリーアドレスの執務スペース。
ネットワークが無線化されており、全社員共通PCのACアダプターも各机に内蔵されているので、身軽にPCを持ったまま移動が可能。
役割、タイトルに関係なく、その時の気分や状況で好きな場所で価値創造できる。
デザイン・仕事風景を見る

執務スペース

MONJU
“3人寄れば文殊の知恵”が由来。
予約なしで自由に使える打ち合わせスペース。
社員がPCを持ち寄って気軽にコラボレーションできる。囲みの内側はホワイトボードになっているので、プチサイズのブレストにも最適。
デザイン・仕事風景を見る

MONJU

オンネット・コラボレーションブース
“WEBカンファレンスシステムID”は社員全員が保有。
社員同士だけではなく、お客様やビジネスパートナーともカンファレンスシステムを通じてコラボレーションが可能。
特に一人で集中したい場合には、吸音板がついたブースで常設カメラを使用してカンファレンスに参加できる。
デザイン・仕事風景を見る

オンネット・コラボレーションブース

ミーティングルーム
プロジェクターあるいはTVでマルチスクリーンを常設しているミーティングルーム。
複数でWEBカンファレンスに参加するときにも使用できる。
デザイン・仕事風景を見る

ミーティングルーム

打ち合わせルーム
「人間系」のコミュニケーションを意識した打ち合わせルーム。
気分に合わせて、イスの色や形の違う部屋を選んで使う。
中には靴を脱いで床に座れる、通称「土禁」の部屋も。
デザイン・仕事風景を見る

打ち合わせルーム

【関連リンク】
多摩大学院紺野登教授とCEO倉重英樹の「ワークスタイルとオフィス」対談(日経BPnet)
前篇はこちら 後編はこちら